尾崎 実佳子


MIKAKO OZAKI
大学入学前にジャグリングの存在を知り、入学後ジャグリングを始める。
とある舞台をきっかけにコンタクトポイに魅了され、以後、コンタクトポイを主に扱う。
ジャグリング道具と音、色彩、動作の調和によって生み出される舞台上のジャグリングパフォーマンスに興味を持ち、
ジャグリングストーリープロジェクトのメンバーとしてもジャグリングの舞台に関わっている。

<活動歴>

2016-03 ジャグリングストーリープロジェクト第三回公演『春告鳥に花の香りを』メイク・衣装担当
2016-03 第五回関西学生大会 女子ジュニア部門 3位

<前のメンバーを見る
次のメンバーを見る>

メンバー一覧へ戻る