【05. 山下 耕平】フラとレスの『出演者さんに訊きました!』


    • レス:さあ、『出演者さんに訊きました!』。今回は第5弾でございます。
    • フラ:第5弾はこの方。Juggling Unit ピントクル初代代表、Juggling Story Project(以下:JSP)では旗揚げ時からジャグリング指導を担っていらっしゃる、山下 耕平さんです。
    • レス:JJF2012チャンピオンシップ出場経験もある確かな実力の持ち主。ビッグネームのフラトレス参戦にジャグリング界は色めきたっているとかいないとか。
    • フラ:そんな山下さんにさっそく質問です。【初めて声を掛けられたときのフラトレスのイメージはどのようなものでしたか?】
    • 山下:綺麗!とか、純粋!とか・・・でしょうか?第一回公演は観ましたし、「コトリは歌う」の時にも公演には関わっていたので、、、あんまり自分がフラトレスに出演しているイメージがわかなかったですね。
    • レス:【そのイメージは、稽古に参加してみて変わりましたか?】
    • 山下:いまのところはそんなに。自分が舞台に立っているイメージはちょっとずつみえてきました!楽しみです。
    • フラ:この質問をするのも山下さんで三人目なのですが、初代代表には聞かないわけにはいきません。【ピントクルとフラトレスを比較したときの違いは一言でいうと何だと思いますか?】
    • 山下:「ジャグリング」を軸にしているか、「演出家」を軸にしているかが大きく違うところかなと。フラトレスは、演劇であるよりジャグリングであるより何よりまず、「宮田さん」だなという印象が強いです。
    • レス:なるほど、代表の宮田の我欲が強い、と。
    • フラ:そんなことは言ってないでしょ。「演劇」や「ジャグリング」では括りきれない独自の演出ありきなのがフラトレス、ということですよね。
    • レス:山下さんはJSPの公演にも旗揚げから関わられてますよね。【JSPとフラトレスを比較したときの違いは何だと思いますか?】
    • 山下:JSPは、出演する「ジャグラーの個性」に軸があると思います。
    • レス:なるほど、ジャグラーが野菜だとするとJSPがサラダでピントクルがスムージー、フラトレスがカレー、といったところでしょうか。
    • フラ:あんたカレー好きだな…弟の例えはスルーしていただいて結構です。ズバリ、【今回の公演の見所は?】
    • 山下:まだ僕は実際には目にしていないですが、舞台セットが魅力的な感じがするので、そこが一つの見所ではないかと思います。あとはもちろんジャグリング道具の多様な使い方も、ですね!
    • レス:舞台装置については、『出演者さんに訊きました!』第一弾でじゅにあさんも少し話していましたが、今回の公演ではそれだけ凝ったものが観られるということですね。
    • フラ:では最後に、【今回の公演の自分の役割、意気込みを教えてください。】
    • 山下:宮田さんの世界を彩るために頑張っていきたいと思います!人の演出のもとでボールジャグリングをやるのは実はあんまり経験がないので、とにかくとても楽しみです!!
    • フラ:ありがとうございました。山下さん加入により本番でどれだけのボールが飛び交うことになるのか、乞うご期待です。
    • レス:今回の公演は、近畿拠点ジャグリング公演団体によるオールスター総力祭の様相を呈してますね。僕たちも楽しみです。

    第3回公演『二階建ての家』公演詳細はこちら

    公演予約はこちらから

     

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です