【03. 田中 謙伍】フラとレスの『出演者さんに訊きました!』


  • レス:さて、『出演者さんに訊きました!』第3弾でございます。
  • フラ:第3弾は、この方。エクストリーム皿回し。ジャグリング界では「いっせい」の愛称で親しまれる田中 謙伍さんです。
  • レス:例によって「田中」だとジャグラーが混乱しそうなので、誠に勝手ながらこの記事では「いっせい」表記で統一しますね。
  • フラ:ではさっそく、最初の質問です。【初めて声を掛けられたときのフラトレスのイメージはどのようなものでしたか?】
  •  
  • いっせい:メンバーのジャグリング力や、舞台での雰囲気から、少しハードルが高めでした。
  •  
  • レス:【そのイメージは、稽古に参加してみて変わりましたか?】
  •  
  • いっせい:最初こそついていけるか不安でしたが、意外と稽古中は冗談を言い合ったり和気藹々とした雰囲気で驚いたと同時に、すぐに馴染めました。
  •  
  • レス:僕から見ても、いっせいさんは馴染むの早かったと思いますよ。
  • フラ:なぜちょっと上から目線なの。
  • レス:フラトレス在籍年数で言えば僕の方が先輩だからね。では、【いっせいさんが思うフラトレスの魅力について教えてください。】
  •  
  • いっせい:ただ舞台の上でジャグリングをするのではなく、そのジャグリングに新しく意味を与えることで観る側、観せる側ともに「そんな使い方があったのか」と新しい発見ができることが魅力だと思います。同時に、観せ方にも工夫を凝らさないといけませんが、その辺りのノウハウをもっと充実させたいですね。
  •  
  • レス:じゅにあさんと同じように、いっせいさんもジャグリング・ユニット・ピントクルの公演に出演されたことがありますよね。
  • フラ:じゅにあさんにも訊いたのですが、【ピントクルとフラトレスを比較したときの違いは一言でいうと何ですか?】
  •  
  • いっせい:結構色々違う気もしますが、強いて言うなら「役割」でしょうか。ジャグリングの役割、演者の役割、道具の役割、そして双方のジャグリング界隈における役割が違う気がします。
  •  
  • レス:と、言いますと?
  •  
  • いっせい:ピントクルを含め、普通はジャグリングをやるためにジャグリングがあり、見せたいもの見せられたいものはジャグリングです。道具は面白いことができればなんでもいいですし、演者はいわば道具の黒子なので同じように道具を扱えるなら誰でも構いません。
  •  
  • フラ:なるほど。
  •  
  • いっせい:一方で、フラトレスの場合は見せたい「言葉」が先にあり、その手助けとしてジャグリングがあると思います。なのでジャグリング的に面白いという理由だけで言葉とは無関係な道具が置いてあってはいけないし、道具を扱うキャラクターも限られてきます。その分無意味なジャグリングに付加価値をつけられるのが魅力にもなると思います。
  •  
  • レス:それがジャグリングの役割、演者の役割、道具の役割の違いですね。
  • フラ:ジャグリング界隈における役割についてはどうですか。
  •  
  • いっせい:ジャグリング界隈における役割としては、『白い花』で使った「木枠」のように、ピントクルが自由で面白いアイディアを形にし、それをフラトレスが実際に使う、という事がありました。お互い自分の団体のメリットを活かしながらいいものを作れるといいなと思います。
  •  
  • レス:つまりは、帰納法と演繹法の違い。ということですね。
  • フラ:いや、そのまとめわからん。
  • レス:料理の作り方における主婦とシェフの違いともいう。
  • フラ:これ以上は深みにはまりそうなのでスルーして……【フラトレスに入って、いっせいさん自身に何か変化はありましたか?】
  •  
  • いっせい:ルーティンを作るのが上手くなりました。歌詞ハメなどは完全にフラトレスの影響ですし、衣装や表情など演出面でも気を遣うようになりました。また、様々な道具を触る機会が多いので、専門の皿回し以外も上達した気がします。
  •  
  • フラ:ズバリ、【今回の公演の見所は?】
  •  
  • いっせい:これまでと違うところといえば、今回は客演の方をお招きしています。フラトレスのメンバーのみでは実現できないような場面も出てくるかもしれません。あと、詳しくは言えませんがジャグラーが好きそうなあれやこれやが出てきたり…
  •  
  • レス:「あれやこれや」って何ですか?!
  • フラ:しっ!ネタバレ警察が来るよ…では最後に、【今回の公演の自分の役割、意気込みを教えてください。】
  •  
  • いっせい:いわゆる「黒子」のような立ち回りをしながら、それでもきちんと気持ちや情景を表現する役割です。目立った台詞はありませんが、動きや表情などでみなさんの気持ちを揺さぶることができれば幸いです。
  •  
  • フラ:ありがとうございました。フラトレスの魅力について、たくさん語ってくれました。
  • レス:第1弾~第3弾までは前回公演から引き続きの出演者で、いわば「身内」だからやりやすかったね。
  • フラ:次回からはしばらく客演の方が続きますが、皆さん気さくな方ばかりですよ。次回もお楽しみに。
  •  
  •  

第3回公演『二階建ての家』公演詳細はこちら
※前売り予約受付は5月20日13:00開始予定です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です