【01. 木村 涼平】フラとレスの『出演者さんに訊きました!』


  • フラ:さあ、満を持して始まりました私たちの新企画『出演者さんに訊きました!』
  • レス:フラトレスのブログに僕たちがお邪魔するのは、旗揚げ公演以来なので実に3年ぶりですね。
  • フラ:最初にインタビューに答えてくださるのは、この方。ボールの使い手。ジャグリング界では「じゅにあ」の愛称で親しまれる木村涼平さんです。
  • レス:「木村」だとジャグラーが混乱しそうなので、誠に勝手ながらこの記事では「じゅにあ」表記で統一しますね。
  • フラ:ではさっそく、最初の質問です。【初めて声を掛けられたときのフラトレスのイメージはどのようなものでしたか?】
  • じゅにあ:僕は第1回公演から、団体名が決まる前からの参加で、ほぼ面識の無い宮田さんから電話が掛かってきて、よくわからんまま参加したって感じです。笑
  • レス:何もわからない状態から、えいやと飛び込んだわけですね。
  • じゅにあ:最初は何もわからない状態から、宮田さんが提示するものを手探りでやってたんですけど、稽古を重ねるうちに皆どう動けば良いか理解してきて。第2回第3回公演から参加の人達もすぐ空気を読み取って馴染めるような、イメージというと違いますけど”フラトレスらしさ”みたいなのが固まってきたように思います。
  • フラ:なるほど、”フラトレスらしさ”…
  • レス:“フラトレスらしさ”というキーワードが出たところで、じゅにあさんが思うフラトレスの魅力について教えてください。】
  • じゅにあ:やっぱり、宮田さんが作る暖かい世界観に添える独特なジャグリングの使い方。これが魅力であると思います。第3回では今までより面白い物になるように作っていきます。
  • レス:おっ!今さりげなく自らハードルを上げましたね?
  • フラ:こらこら、揚げ足をとらないの。
  • レス:じゅにあさんはジャグリング・ユニット・ピントクルの公演にも出演されたことがありますが、ピントクルとフラトレスを比較したときの違いは一言でいうと何ですか?】
  • じゅにあ:ピントクルはストイックにジャグリング自体の面白さを探していて、フラトレスはジャグリングに意味を求めていくような。僕はピントクルの第2回公演に、フラトレスの第1回公演と時期が被り同時進行気味に参加してたんですけど、ごっちゃになる事が絶対無いくらい違いがあって、双方に良い感じに影響を貰っています。
  • レス:和菓子で例えるなら、ピントクルさんがイチゴ大福、フラトレスが練り切りというわけですね。
  • フラ:レスの微妙な例えは無視していただいて……フラトレスに入って、じゅにあさん自身に何か変化はありましたか?】
  • じゅにあ:アイデアを出す?のが速くなったかもしれません。例えばジャグリングのシーケンスを考えるのが速くなったり、とか。
  • フラ:ズバリ、今回の公演の見所は?】
  • じゅにあ:いつもより立体感のある舞台装置ですね。ジャグリングやお話だけでなく舞台装置の使い方にも目をやって貰えるとより楽しめると思います。
  • レス:ネタバレラインすれすれのバランス感覚…さすがじゅにあさん!
  • フラ:では最後に、今回の公演の自分の役割、意気込みを教えてください。】
  • じゅにあ:Tシャツ作ってます!公演後の物販で販売するので皆さん是非一緒に着て下さい〜。笑
  • フラ:ま、まさかの物販推し……もちろん、Tシャツ作ってるだけじゃなくて出演もしますからね!
  • レス:じゅにあさんファンの方は安心してお越しください。

第3回公演『二階建ての家』公演詳細はこちら

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です